第023界【音楽】BURRN!(DEC2017、JAN2018)でダベる 前編

肴は炙ったBURRN!でいいvol.006 007

月例企画にゲスト「しーさん」と「オガちゃん」をお招きして、BURRN!(DEC2017)とBURRN!最新号(JAN2018)をめくりながらお話しました。

1回トバしてしまったのでディスクレビューだけは紹介しておく

メタリカの思い出を語る

1986年12月号をしーさんが持ってきてくれました。

メタル・マスターの記憶

メタルマスターはB面がイイ

ANTHRAXのImitation of Lifeを聴いてチャーリー・ベナンテのドラミングに圧倒された件

5thアルバム(通称ブラック・アルバム)発表時点ではメタルを卒業していたオガちゃん

4thアルバム「…And Justice For All」まではクリフ・バートンの影響が残っていたのか

クリフがメタリカにもたらした音楽性

2代目ベーシスト、ジェイソン・ニューステッドが所属していたバンド「フロットサム・アンド・ジェットサム」のファンだったオガちゃん

オフィシャル・ブートレグ「Cliff ‘Em All」で見る事が出来る生前のクリフのベースプレイが凄い

途中で歌い方を変えたRED HOT CHILI PEPPERSのアンソニー

途中で歌い方を変えた長渕剛

METALLICAの最新作は全曲PVがあるぞ

PVを作らないバンドだったMETALLICAが初めて作ったPV「One」

BURRN!のディスク・レビューで48点をつけられたシングル「Creeping Death」

厚生年金会館大ホールの思い出

おがちゃんが語るLIVEの思い出

マルコム・ヤング逝去について

初期AC/DCのヴォーカリスト、ボン・スコットがイイ

映画「ラスト・アクション・ヒーロー」のサントラは凄かった件

フェアウェル・ツアーにもう申すディー・スナイダー

ダイアモンド・ダレルの死から15年が経った

ホワイトスネイクの名盤「サーペンス・アルバス」の2017年版リマスターよりも2007年版リマスターの方が良かったかも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です